シンガポール(1)初めてのフリータイムツアー

シンガポールには2回ほど行ったことがありますが、今回の旅行は1985年のことです。その後マレイシアには2年間滞在したことがあるので今回はマレイシアには触れませんが、この旅行はクアラルンプールとシンガポールというフリータイムのツアーでした。

当時の私のシンガポールに対するイメージは高層ビルの立ち並ぶきれいな街の国、小さな国土、そのようなものでした。昔の日本には高層ビルが珍しかったこともあり、高層ビルの立ち並ぶ都市はそれだけで魅力的だったのかも知れません。

このツアーには私の職場の5歳上の先輩と一緒に行きました。その時この先輩は初めての海外旅行だったと思います。先輩も私もその職場を辞めて、その後、国際協力の仕事をしています。私のベトナム旅行では、彼との再会ができ、また現地の案内をしてもらいました。

この旅行では私は海外旅行経験者として、海外旅行なんて度胸だけあればいいんだなんて言いながら彼を誘ったものです。飛行機とホテルだけ予約を入れるフリータイムの旅行でしたから、食事や観光は全部自分たちでアレンジしなければいけません。実際、英語もロクロク話せない状態での海外旅行でした。

着いてみるとシンガポールは暑いのなんの・・・ 結構歩きましたが、長時間は無理で、建物の中に入らないととてもたまりません。冷房が効き過ぎのレストランに入るとほっとしたものです。シンガポールでは何でも飲めますが、特にビールが美味しかったですね。ホテルのバーでは、スコッチのヘイグなんてオンザロックで注文していましたが、今から見ればごく普通のウイスキーでしたね。

サマーセット・モームが滞在していたホテルなどを見たりして、ひたすら足を使った観光をしました。当時の日本から比べるとシンガポールはすごい大都市に見えました。中国系、マレー系、インド系、白人の外国人たちを同じ都市で見るというのも新鮮な感覚でした。シンガポールでは英語で十分話ができるのですが、シンガリッシュと呼ばれるくらい独特の発音の英語なので、自分の英語力のなさでショックを受けます。英会話の自信をつけたいなら、シンガポールはお勧めできません。(苦笑)

屋台での食事は憧れていたものです。今となっては何を食べたか覚えていませんが、焼きソバの類だったと思いますけどそれほど美味しくなかったなぁ。(苦笑)

(宿泊ホテル)
e0108617_10171793.jpg

(高層ビル群)
e0108617_10174967.jpg

(スラム街・・・今はもうないはずです。)
e0108617_10181244.jpg

(屋台)
e0108617_10182471.jpg

[PR]
by EldamaTravel | 2007-01-07 10:18


<< シンガポール(2)マーライオン 香港の夜景 >>